西本成寺OPEN HOUSE のお礼

 今月中旬、今シーズン最強の寒波に見舞われた

日本列島。1ヶ月前からこの頃にと計画をさせて

いただいていたOPEN HOUSE。

 

なぜピンポイントでこの時なんだ!!!と

頭を抱えながらも、悪天候の予報の中

OPEN HOUSEを開催させていただきました。

 

少人数スタッフの為、

OPEN HOUSEの前日の準備も

大雪の交通状況も影響し

帰宅したのは深夜23時30分を回り、

大雪注意報の天候が気になり

なかなか寝付けず・・・。

 

 

ちょうど1年前から打合せを

重ね重ね、クライント様と職人さん達と共に

一生懸命造らせていただいたお住まい。

 

 

悪天候でもこの時こそが

SUITE HOMESの造る住まいの暖かさが

ご体感して頂ける最高の時。

 

そう思いながらの

OPEN HOUSE初日の午前中、

ご招待状をお送りさせていただいていた

方のご来場!

早速長岡市からこのOPEN HOUSEを

逃がしてはと、

この度の大雪注意報の警報の中ご来場いただき

嬉しく想いました。

 

 

そしてOPEN HOUSE2日目には

奇跡が起こったかのように

午前中はから昼下がりまで晴天、そのおかげもあり、

ランチ抜きのフル回転なくらい、

絶え間無く夕方まで多くの方々にご来場いただきました。

 

 

少人数スタッフでの対応の為、

お話が少ししかできなかった方々、

大変申し訳ありませんでした。

 

この悪天候の中、かなり大盛況にて

OPEN HOUSEを終了できましたこと

御礼申し上げます。

クライアントのT様、ご来場者様

本当にありがとうございました!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

建築士のナビゲーター☆

○○○○○マン☆って(汗)いきなりの戦隊系!

息子がちっちゃい時は○○○○ジャーや

仮面ライダーシリーズ。

○○○○○マンでも○○○○ジャーなんでもいいかなっ。

身に染みてるような、懐かしいような。

 

昔は幼い息子と共に

長岡市、新潟市でヒーローのイベントがあれば内部誰かもわからない方から

サインを必死でいただいておりました。

 

この度、今まであまり気にしていなかった

(いやっ、気になっていたけど気にしないようにしていた・・・?)

人物がいます。長年、見ていたけど見ないようにしていた・・・。

 

 

皆様、何となく見た事ある感じでしょうか・・・?

昨年にもSUITE HOMESのブログに登場している人物。

 

かなり初めにヒントを出していますね。

○○○○○マンです。

 

彼は、従来の建築材の常識を覆す画期的新素材のダイライトMS

の施工法を正しく伝えよう誕生した、建築士のネビゲーター。

というプロフィール。

そして耐震、耐火、耐久性と強靭な精神と肉体、しかもシロアリも

よせつけない日本家屋の救世主、スーパーパネルマン!

 

 

そんな皆様の住まいを守っている○○○○○マンの耐力面材を仕様しています。

めっちゃマッチョな感じですかねぇ・・・?!

 

 

○○○○○マンの取扱を熟知している大工さん。

取りあえず今回は丁寧に1枚1枚張り上げての一服の風景。

 

 

 

上棟日の翌日の事。

上棟日の翌日。

この日も朝一番で現場へ。

秋の晴天の空と現場が清々しく感じた日でした。

上棟日の大工さんが多くクレーンの騒音等、活気があり

賑やかな場面とは一転、静かだけれど、さらにこれから!という

木工事スタートの空気感。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

作業服や普段着もめっちゃ派手というか個性的でおしゃれな板金屋さんも、

いつも作業は真面目に取り組んでくんでくれます!

いつも上棟日の棟が上がった頃に必ず来て、万が一翌日に雨が降っても

大丈夫なようにスタンバってくれています。

 

 

 

上棟の時にはクライアントのT様からビールやお菓子、そしてご祝儀まで・・・

本当にたくさんいただき、更なる恩返しをしたーい!という気持ちで、

T様邸上棟日の夜は自宅でゆっくりとエビスビールを美味しく

ゴクゴクッといただきました!

 

ブログにて御礼を早くにお伝えしたかったのですが、

ブログアップが遅れていてすみません。

 

T様たくさんありがとうございます!!

 

 

秋の空。

2016年の10月中旬。

とっても気持ちの良い秋晴れの中

三条の現場の上棟でした。

 

数週間前から上棟日を決めるので、

絶対に上棟日に晴れる!という事はわからない。

特に秋の空は。

とにかく晴れる事と無事に上棟すること、

そして工事安全を願っています。

 

 

あまりにも天気が良すぎて、

嬉しくなりたくさん現場写真を撮ってしまいました。

 

 

大工さん達も大声で声を掛け合いながら、時に笑いも含みながら

順調に骨組みが組立てられていきます。

 

 

 

 

そして午前中の一服時間。

クライアントのT様ご家族が!

T様ご夫妻の可愛い3歳の娘ちゃんが車から降りて来てくれて、

坂本社長を発見!!

 

すると、

『しゃかもとしゃーん!!』

『しゃかもとしゃーん!』

『しゃちょおーーーー!』っていっぱい一生懸命に呼んでくれている

娘ちゃんの姿を見た私。

社長を足場から引っ張って来たいくらいに、それぐらい

はにかんだ笑顔で呼んでくれていました。

 

坂本社長、建物の上部の棟らへんの足場にいて

なかなか気づかない・・・。

 

何度も呼んでくれたのですが、

一服でようやく地上に降りて来た時に、

『よくきてくれたねぇ!ありがとうねぇ。』と。

 

そして、なんと!T様ご夫妻からのたくさんの一服の差し入れ!

T様ご夫妻、本当にほんとうに、かなりお若いのに

見習わなけらばならないほどに、心遣いのできるご夫妻なのです。

 

 

 

 

 

 

世界にひとつだけの壁。

慌ただしく始まったSUITE HOMESの2017年。

 

今日も現場では色々な職人さん達とSUITE HOMES。

 

今回、クライアント様ご承諾の元、

どうしても施工させてもらいたかった壁一面。

 

今回仕様とするペイントでは石膏ボードに【直接塗る】という事は

可能な事、むしろ普通にそのほうが多いのかもしれない。

でも、何ヶ月も前から調べて調べて、

慎重に慎重に調べるだけではなく、考え

考えた結果、なかなか値は多少その分掛かりますが、

専用の下地材を採用する事に。

 

紙のしっかりしているドイツの下地専用クロスを貼りました。

調湿効果にもすぐれ、崚たり最大100ccの湿気を吸収します。

 

 

そして、そこに揮発性有機化合物(VOC)をほとんど含まない

安心・安全な塗料でペンキ独特の嫌な臭いも無く、

自然環境への配慮は当然のことながら、自分や家族の健康のため、

住まいの調和の為、素材、製法、色にこだわった安全なペイント。

 

純白なドイツの真っ白いキャンパスに真剣に色を染めていくSUITE HOMESの社長。

 

 

 

 

 

 

そして、ちゃんと収納棚の下ももちろん忘れません。

・・・というか忘れちゃダメですね。でも小さい面積の方が

大変だったりするらしいです・・・。

 


 

新年早々ではありますが、内覧会のご案内です。

来週末2017年1月14日(土)・15日(日)と

クライアント様のご厚意にて三条市にて内覧会を開催させていただきます!

クライアントのT様、本当に、本当に、ありがとうございます!!

 

ご来場お待ちしております☆

 

 

同じ角度から。

造り手目線って大切です。

 

もう、あと今年も残すところという時期ですが

今年が終わる感じは無く、まだまだこれからっ!

という緊張感が現場では漂っています手

 

チョット前の現場から・・・

大切な造り手目線から。

 

一体基礎前の緊張感。

 

なぜか、基礎工事に入っていますと天候に左右される工事に

限っての天候不良の中、毎日の週間天気予報との睨めっこ。

 

自社施工だからこそ

天候をリアルタイムで気にしながら施工。

正直、女性目線からそーいう現場大好きです。

真剣な現場、本当に大好き。

 

 

 

色々な方々からよく言われているのですが、

社長業で一杯じゃないですか?ってありがたいお言葉。

そこで、社長じゃなく職人ですと言っている

SUITE HOMESの社長、

クライント様を第一に考えてからの現場からの一面です。

 

上手くいく事、そして上手くいくことが当たり前な

職人の世界。

 

常に同じ目線。同じ角度。

 

 

基礎工事・三条にて

基礎工事に入ると、毎日毎日天候に左右されながら

作業を進めています。

 

大雨でも小雨でも、突風でもコツコツと

こだわりの基礎が少しずつ形に。

 

社長が造る基礎。

 

打継ぎを作りたくない為、こだわりの一体打ちの基礎にします。

 

 

型枠建込み前に、住宅瑕疵担保保険の鉄筋の配筋検査も受け

上棟に向けて手間と時間を掛けながら進めています。

 

基礎工事の様子の写真を撮っていると

ポツポツと降り出した雨。

 

降り始めた雨がだんだんバケツをひっくり返したような

雨になり、目を開けていられない程に、ひとまず車に退散!

 

本当にすごい雨だったので、車の中から豪雨を。

ちょっとだけ水彩画のような感じで。

 

 

そうそう、社長がSUITE HOMESのFacebookも、また再開したようです。

ご興味のある方はぜひぜひ見てやって下さい!(笑)

三条の現場ブログの始まり!

1ヶ月、2ヶ月という月日は

クライアント様の住まいのデザインについて

あれこれ考えたりしていると本当にあっという間に

過ぎてしまいます。

 

もう今年も残すところ1ヶ月。

 

クライアント様の皆様のおかげで日々充実した

濃い日々を送らせていただいており、

感謝しています。

 

9月中旬から着工している三条の分譲地での現場の様子。

 

 

毎棟、毎棟同じメンバーで進めて行きます。

 

現場着工のスタートはSUITE HOMESスタッフの手で社長が

自ら現場でスコップ持ち泥んこになりながら始まって行きます。

(洗濯が一番大変な時期でもあります。職人さんの作業着洗濯って

色々な汚れがくっついているので、それを日々洗濯する、

奥様方皆さんすごいなぁと思います。)

 

 

防湿シートを敷き、湿気が上がってくるのを防ぎます。

 

ひとつひとつの工程を丁寧に少しずつ施工して行きます。

 

ブログも少しずつ・・・。

 

すっぽり

断熱材吹き付け施工2日目。

真夏日の8月、長岡の分譲地での現場では、

断熱材の吹き付け施工が行われていました。

 

 

今回も、アクアフォームを採用。

グラスウール10Kの約1.5倍の断熱効果。

建物の隅から隅まで、すっぽりと

断熱材吹き付けの職人さん達が

とってもキレイに丁寧に施工してくれました。

 

 

環境に悪影響を与えるフロンガスを使わず

ホルムアルデヒドも発生させない、

住む人にも施工する人にも優しいというモコモコとクリーム色の断熱材。

 

 

クライアントのK様ご夫妻、後日断熱材を関心しながら見て下さいました!

確かに、どのクライアント様もこのようなモコモコした

断熱材を普段見る事が無いですからね・・・。

 


 

 

 

 

本気

家造りに本気。

 

それは、設計者だけではなく

 

携わるすべての職人さん、協力会社さんに言える。

 

 

 

クライアント様のイメージや家造りに対する想いと

職人さんの心が一番!造る人が一番な建築現場。

 

SUITE HOMES社長が本気の職人だからこそ、

職人の気持ちや本気度が伝わる。

 

クライント様との出会いはもちろん、

素晴らしい志の想いがあっての職人さん達の出会い。

 

心から感謝しています。

 

 

まだ、小さなお子様がいらっしゃる断熱材施工の職人さん。

日々スケジュールがびっしりな中、日曜日の家族サービスもそっち抜けで

SUITE HOMESの現場に前々から、しっかりとした施工をしたいので。

ということで休日の日曜、1件の打合せを終え現場に向かうと

きれいに養生してくれていました。

その養生の完成度にため息の私と社長。

 

 

また、一人職人の魅力を感じた社長。

 

 

こんな現場、大好きです!そして、SUITE HOMESに任せて頂いている

クライント様、本当にありがとうございます!!

 

 

建物・住まいに一生懸命なメンズ。

造り方、施工に前向き、やっぱり一生懸命!!!!!

SUITE HOMESには絶対に必要な職人さん達です!