<< OB様の住まいを訪問!長岡! | main |
家づくりの最初の儀式。

先週まで雨がほとんど降らず、猛暑の日々から

今週から雨が続く空模様。

ずいぶん涼しくなりました。

 

猛暑日が続いていた先週には地鎮祭がありました。

地鎮祭等、おめでたい儀式は大安の午前中に集中してしまいます。

 

 

地鎮祭、正しくは【とこしずめのまつり】と読むこともあるようですが、

一般的には【じちんさい】と言う事のほうが多いですね。

その土地の神様を祀り、土地を利用させてもらうことの許しを得ること、

また工事の無事と、完成した建物(家)の繁栄を祈る儀式のこと。

お施主様ももちろんの事、工事に携わらせていただく私達も

地鎮祭という儀式は毎回毎回、身の引き締まる思いです。

 

家づくりの最初の儀式。

 

雲一つない晴天の中、地鎮祭が始まりました。

 

開会の辞。

 

 

修祓の儀、降神の儀、献饌の儀、祝詞奏上・・・

そして清祓い。

 

T様ご夫妻が敷地の四隅に移動。

ママ?パパ?・・・離れないで〜。とまだ小さな僕はおしゃべりはまだ

だけど、不安そうな目が、そうお話しているように。

T様のまだ小さな小さな僕も、いい子にじっとしててくれました。

えらかったね。

 

(ママ・・・。)

 

 

そして、地鎮祭もいよいよ後半。

玉串拝礼。

 

 

撤饌の儀、昇神の儀、直会の儀と儀式を丁寧に。

 

夏の地鎮祭。これから着工の準備が進み完成は冬。

T様の奥様と私達はもう十数年のお付き合いをさせていただいており、

いつもお世話になっておりました!

ご主人様も優しくいつもニコニコ。若いのに落ち着いた雰囲気のお方。

 

この度のご縁を大切に、これから丁寧に住まいを造らせていただきます。

T様地鎮祭おめでとうございます!

これからも末永いお付き合いをお願いします!

 

 

 

 

コメント